ソトのスライドガストーチST-480

脅威の明るさを持つコンパクトランタン!ブラックダイヤモンド・ボイジャー

沖縄のソロキャンプに行く時に、
飛行機にバックパックを預けなきゃならないので、
少しでも小さく軽いキャンプ道具を選定しまくりました( ー`дー´)キリッ

中でも悩んだのがランタン(*_*)
いつも、タープやテントで使ってるのは、
ジェントスのエクスプローラーEX-777XPでして、
たしかに明るさは申し分ない、実力屈指のランタンなんですが、
いかんせん、デカい^^;

それで、コンパクトなものを探すんですが、
やはり小さいほど光量が心もとない感じで、
本当は以前に紹介したバルーンランタンでも良いんですが、
ソーラー充電なので、天気が悪い日が続くと、使用不可になるのがネック。
※→バルーンランタンの過去記事

そんなわけで、諸先輩方のブログなどを読み漁り、
たどり着いたのが、このランタンなわけですよ!

 

 

超コンパクトで明るいランタンのブラックダイヤモンドボイジャー
ブラックダイヤモンド・ボイジャー

 

写真、ランタンの明るさにカメラが負けたのか、
ぼやけて写っててスイマセン(^^ゞ
それだけ明るいってことで・・・(笑)

 

まず、大きさですが、分かりやすいように
ソトのスライドガストーチST-480と比較してみると・・・
※→ソト・スライドガストーチST-480の過去記事

ソトのスライドガストーチST-480

ソトのスライドガストーチST-480の長さが
収納時で11.5cmですので、それより少し大きい14cmくらいの高さ。
ランタンで15cmですと、かなり小さい部類に入るわけですが、
このボイジャーの凄いところは・・・

 

超コンパクトで明るいランタンボイジャーブラックダイヤモンドボイジャー

ウニョッと伸びます(笑)

 

持ち運びはコンパクトで、使用時は約1.5倍の大きさになるんで、
こいつなら、バックパックに入れても気にならない大きさです!

 

それと、コンパクトさを求めるときに重要なのが、
使用する乾電池と使用再長時間。
さすがに、ここまでコンパクトなので、
使用乾電池は単4乾電池4本。
実際に使用してみての最長継続時間ですが、
今までに5回、こいつをテント内外の
メインランタンとして明るさ最大で使用したんですが・・・・
まだ、一度も電池交換してないので分かりません(笑)

一応、カタログ上は連続使用時間70時間となってますが、
おそらく、一番暗い状態で使ってのものだと思うので、
最大光量で30時間位は使えると思っていただけるとよろしいかと(^^ゞ

 

あ!!そうそう!!
このボイジャーの凄いところは、こんなにコンパクトなのに、
明るさを無段階調節できるんです!

超コンパクトで明るいランタンのブラックダイヤモンドボイジャー
一番、明るい状態から・・・

超コンパクトで明るいランタンブラックダイヤモンドボイジャー
一番暗い状態まで、スイッチを長押しすることで、
無段階調節できます!(^^)

 

そしてそして!!更に更に!!
このブラックダイヤモンド・ボイジャーの
コンパクトなくせに多機能ぶりは終わりません!
なんとなんと!!

 

超コンパクトで明るいランタンブラックダイヤモンドボイジャー
お尻も光らせることができます(笑)
むしろ・・・

 

超コンパクトで明るいランタンブラックダイヤモンドボイジャー
お尻だけ光らせることもできます(笑)

 

ですから、テントの中やタープの中などを明るく照らしたいときは
全部点灯させるといいですし、
ちょっとテントの中を照らしたい時や、懐中電灯として使いたいなら
お尻だけ光らせばいいですし、
もちろん、テーブルなどに置くときは上部分だけ光らせる。
なんかね、こんなに小さいくせに、
痒いところに手が届き過ぎなランタンなんですよ!(*^^*)
もうもう、何か分からないんですが、
ランタンに嫉妬したのは生まれて初めてです(笑)

 

超コンパクトで明るいランタンブラックダイヤモンドボイジャー

 

さて、肝心の明るさの話になりますが・・・

カタログ上は最大で140ルーメンとなってますが、
ルーメンって言われても、なんじゃそりゃって感じなんで、
私が実際に使ってみてどうだったかを解説しますと、
ソロで使ってるダンロップのVS30で使うと下の写真のような感じです。
※→私のメインソロテント、ダンロップアルパインテントVS30の過去記事

 

超コンパクトで明るいランタンのブラックダイヤモンドボイジャー

本も読めるくらい、全くノープロブレムな明るさ( ー`дー´)キリッ

 

その他、snowpeaアメニティドーム SDE-001 の室内でも使ってますが、
このくらいの大きさのテントでも問題なく使用できる明るさです!

ちなみに、明かりのない外でビバークタープ内で使うと・・・

超コンパクトで明るいランタンブラックダイヤモンドボイジャー

超コンパクトで明るいランタンブラックダイヤモンドボイジャー

夜中に料理するのに支障ないレベルまで明るいです!
正直、ソロや3人位のキャンプなら、
これ一つでも充分、明るさを確保できると思います!

ただし、コールマンなどファミリークラスのタープだと、
コールマンタープ スクリーンキャノピージョイントタープ2など
これ一つでは賄えないので、ジェントスのエクスプローラーEX-777XP
用意しなくてはならないと思います。

 

正直、このランタンは重宝します!
キャンプもそうですが、停電や災害時にも、持っていて損はないですし、
車の中に常備しておけば、車中泊や夜のドライブでも使えますよ!(*^^*)
価格など詳しい情報は、下のリンクをクリックしてください!
それでは、また!

ブラックダイヤモンド・ボイジャー

 

最近の記事

  1. キャンプ王デイキャンでご満悦
  2. キャンプサイトの除草
  3. キャンプ王プライベートキャンプ場でデイキャンする
  4. refinedの焼きカレーはいくらでも入る

瞬間風速MAX記事

  1. キャンプ王デイキャンでご満悦
  2. キャンプ王プライベートキャンプ場でデイキャンする
  3. refinedの焼きカレーはいくらでも入る
  4. 車用防災セットと備蓄保存食
  5. キャンプは自粛すべきか?
  1. ソレルのカリブーはあるきにくい

    キャンプウェア

    暖房なしで氷点下の冬キャンプを乗り切る服装その4~靴・ブーツ編
  2. ラーメン大好きタカさん

    キャンプ道具

    私が実際にAmazonや楽天で買って便利だったキャンプ道具10選
  3. 気の向くまま思うまま

    このブログの編集部を設立!無謀にも事務所までオープンします(笑)
  4. 鶴沼公園キャンプ場

    キャンプ道具

    車で行くソロキャンプ!僕のソロキャンプ道具一式Part.1
  5. 北海道の氷点下冬キャンプの準備

    冬キャンプの心得

    【完全版】氷点下の冬キャンプ・雪中キャンプでの装備品や心得まとめ
PAGE TOP