ヘリノックスチェアの海賊版?G4freeチェアワン

キャンプ道具

ヘリノックスチェアワンのパクり!?激安コンパクトチェアG4Freeを徹底比較

さてさて、前回はヘリノックスのチェアをご紹介いたしましたが、
このヘリノックス。実はAmazonなんかで、
パクりというか海賊版というか・・・
見た目非常にそっくりで、激安な中国製が出回っています。

特に有名ドコロはG4Freeだと思うんですが、
(私も2つ持ってまして、1年近く使い倒してます^^;)
今日は、このG4Freeと、ヘリノックス正規品を
徹底比較していきたいと思います!

私のキャンプ愛用チェア!ヘリノックスチェアの紹介記事 http://www.sapporo-hunter.com/helinoxchairone/

 


[G4Free] アウトドア 軽量 チェアワン ウルトラライト チェア 登山 釣り用 (Blue)

 


Helinox(ヘリノックス) チェアワン ブラック 1822151-BK

 

まずですね、先にお値段のお話から・・・

ヘリノックスのチェアワンですと
Amazonでだいたい12,000円前後(2016年5月27日現在)
対してG4Freeは3,650円(2016年5月27日現在)^^;
正規品の3割程度のお値段に買えてしまいます。
※私が買った時は5,000円くらいだったんですが・・・

 

で、早速ですが、まず収納された状態を比較してみると・・・

ヘリノックスチェアとG4freeの収納袋の比較

上がヘリノックスで、下がG4Freeです。

収納袋の大きさ的には、G4Freeの方が大きめで、
中身にゆとりがある感じです。
ただ、素材や仕上がりについては、ヘリノックスの方が
しっかりしていて、さすが正規品!という風合いがあります。




それでは、中身を開けてみましょう。

ヘリノックスとg4freeの中身

セット内容は一緒です。
折りたたまれたフレームパイプと、
座面の折りたたまれたシートなんですが・・・
驚くのはフレーム部分のパイプです。

ヘリノックスチェアのフレームパイプ

G4freeの折りたたみフレームパイプ

正直、フレームの見た目も手触りも、
どっちがどっちか判別できないくらいに似ています。

ヘリノックスとG4freeのフレームパイプを比較

足のゴム部分の形状が違うだけで、
三叉の接合部分などは、かなり似ています。
というか、同じ部品!?と思えるくらいです。

ヘリノックスとG4freeのフレームを比較

実際にフレームを組み立ててみますが、
どっちがどっち?って感じです^^;

ヘリノックスとG4freeのフレームの違い
ただ、向かって右のG4Freeの方が、
若干高さがある感じですが、
おそらく、角度が急になっているせいだと思うので、
実際は長さも殆ど変わらないのだと思います。

ヘリノックスとG4freeの地面との接地面の足の部分

違うところといえば、足のゴム部分。
向かって左のヘリノックスは、
滑らかな円筒状ですが、
G4Freeの方は地面との接地部分が出っ張っていて、
滑り止め?のような役割をしています。

 

つづいて座面のシート部分ですが。

G4freeのシートを広げてみた

ヘリノックスチェアエリートのシート部分

上がG4Free、下がヘリノックスです。
私の持っているヘリノックスは
チェアエリートなんで、チェアワンとは少々異なりますので、
大きさとか、メッシュの位置などが少々異なるかもしれません。

広げた感じですが、G4Freeの方が縫製などが少々粗さが目立ち、
見た目も安っぽい感じです。
まあ、ただ材質なんかは、触った感じ、あまり変わらないように思えます。

 

で、問題はシート裏のフレームを挿しこむ部分ですが・・・

ヘリノックスとG4freeのフレーム差しこみ部分を比較

上がヘリノックス、下がG4Free。
正直、頑丈ささは遜色ない感じです。
しいて言うと、縫製はG4Freeの方が粗いかな・・・
ただ、実際に組み立ててみると分かりますが、
挿したフレームをガッチリと固定してくれるのが分かります。

 

ヘリノックスとg4Freeを並べてみた

で、並べてみると、なんとも・・・
ロゴがなければ、どっちが正規のヘリノックスか分からないくらいです^^;

 

で、実際に座ってみると・・・

G4freeのチェアに座ってみた

座り心地はどっちも変わりません!!
シートが背中からおしりを包み込んでくれて、
ヘリノックスと同じ快適さ。
ちなみに、かれこれヘリノックスと同様に
1年近く2つのG4Freeを酷使してますが、
今のところ、壊れたとかは全く無いです。

 

なんか、こうやって書いていくと、
ヘリノックスじゃなくてもG4Freeでええやんけ!!
と思えるかもしれません・・・
しかし、こちらをご覧ください・・・

 

G4Freeのシート部分は火に弱く穴が空く

G4Freeのメッシュ部分は火に弱く穴が空く

これ、G4Freeのシート部分の拡大写真ですが、
ところどころ穴が空いています。
なんでかというと、

焚き火やBBQで、
飛んできた火の粉で穴があきました^^;

 

同じ条件下でヘリノックスも火の粉をたっぷり浴びてるんですが・・・

ヘリノックスチェアは焚き火やバーベキューで火の粉が飛んできても穴が開きにくい

全くといって穴があいてません!
ここが一番大きな違いだと思います!

G4Freeは耐火性に優れていないので、
焚き火やバーベキューで使用すると、
穴が空く危険性がかなり高いです!

そういう意味では、ヘリノックスの耐久性は、
頑丈さという麺だけではなく、
耐火性ということでも秀でていて、
さすが!ヘリノックスといった感じがします(^o^)

 

そんなわけで、両者を徹底比較しましたが、
もう一点、気になるのが
品質の維持です。

ヘリノックスの品質はもちろんピカイチですが、
果たして、安さが売りのG4Freeに
同様の品質維持ができるかといえば、
それは無理ではないかと思います。

私の場合、2つ買ったG4Freeはどちらも
1年間酷使しても大丈夫ではありますが、
全てがそうとは限りません。
今が良くても、これから先も良いとは限りませんし、
安い分、良い品質のものが届くのはバクチかと・・・

 

それを踏まえて、
高くても長い年月を使い続けられる相棒になれる
ヘリノックスにするか、
安ければいい!壊れたら仕方ないと割りきって
G4Freeにするか・・・
といった選択になると思います。


[G4Free] アウトドア 軽量 チェアワン ウルトラライト チェア 登山 釣り用 (Blue)


Helinox(ヘリノックス) チェアワン ブラック 1822151-BK

 

最近の記事

  1. キャンプ王hinataの取材を受ける
  2. 超コンパクトなガスバーナー
  3. キャンプに消火器
  4. 忍者が教えるキャンプの防犯

瞬間風速MAX記事

  1. キャンプ王hinataの取材を受ける
  2. キャンプに消火器
  3. 忍者が教えるキャンプの防犯
  4. キャンプマナーが悪い人はなぜいなくならないのか
  5. ローベンスチェロキーを初張り
  1. キャンプ王が億万長者に

    キャンプ道具

    【決着】キャンプ王VSキャンプ道具買取業者ガチ対決!驚きの結果【ステマ無し】
  2. 電撃殺虫ランタンは殺虫できるのか

    キャンプ道具

    毎年恒例!2018年買って心底良かったと思ったキャンプ道具たち
  3. BBQやキャンプにぴったりなことぶき家の味付け焼肉を実際に食べてみる

    キャンプ料理

    実食!BBQやキャンプ用に美味しい味付け焼き肉を探してみる
  4. ソレルのカリブーはあるきにくい

    キャンプウェア

    暖房なしで氷点下の冬キャンプを乗り切る服装その4~靴・ブーツ編
  5. 2泊キャンプで二日間生き延びた氷

    キャンプ道具

    実証!夏の2泊キャンプでも氷を溶かさないクーラーボックス保冷法!
PAGE TOP