プライベートキャンプ場を探す

俺氏プライベートキャンプ場を作る「第4話 すごい不動産屋と酒飲んでキマる」

 

 

全国22,000人のキャンプ王ファンの皆様、ご機嫌いかがでしょうか。

前回までのお話はコチラです。

 

唐突な話ですが、私の信頼できる友人って、「体育会系」「陽キャ」「酒飲み」が多いです(笑)

私自身は「帰宅部」「引き篭もり」「酒飲み」「酒飲み」っていうところしか共通項無いんですが(;´∀`)

 

酒は友を呼ぶ、っていうやつでしょうか(笑)

 

そんなわけで、今回もひょんな事から

 

初対面で一緒に酒飲む

盛り上がる

不動産屋さんだった

むっちゃ親身になってやってくれるハイパー不動産屋さんだった

一緒にプライベートキャンプ場見つける

決まる

という怒涛な流れになりました(笑)

そうそう。

実はもう既に、プライベートキャンプ場になる物件は決まってるんですよ\(^o^)/

プライベートキャンプ場を探す

上の写真はイメージです。ぜんぜん関係ない写真なんですが、とりあえず自撮り載せたかったんで(笑)

まだ引き渡しは、コロナとか色々あったんで今日の時点で終わってないんですが、

このブログは現在進行系ではなく過去に起きたことを書いてますんで、ご容赦ください。

 

あと、今回のブログでは、酒が呼んだ友でもある、この不動産屋さんをめっちゃ紹介してますが、

 

私は1円も貰っていませんので安心して見てください( ̄ー ̄)ニヤリ

 

ほら、私、ブログで業者紹介する時は常にステマ無しのガチンコ対決ですから(笑)

 

さて、今回、私がものすごーーーーーーーーーーーく、お世話になった不動産屋さんですが、こちらの不動産屋さんです!

 

 

まるのいえ」さんです!\(^o^)/

たぶん、キャンプもやっている方ですのでtwitterのフォロワーさんの中にはご存じの方もいらっしゃると思います。

そもそもの出会いは、twitterでまるのいえさんが仕事のアイデア募集してたんでリプしたら、

 

それにクソリプで絡んできた馬鹿がいて(笑)

 

二人でクソリプについてDMやり取りしてるうちに飲みに行くことになったという

 

クソリプが結んだ出会い(笑)

 

で、初対面だったんですが居酒屋へ行き、まずは礼儀として「お酒は強いですか?」とお尋ねしたら

「普通です」という返答。

 

しかし!!キャンパーの「普通」は

 

一般人の「酒強い」に該当します(笑)

 

案の定、二人で意気投合してガッツリ酒飲んで、札幌で一番のアンダーグラウンド店であり、たまにキャンパーが集まる店「珍問屋」にまで押しかけました。

 

以来、無事にまるのいえさんも珍問屋の常連となったわけですが(笑)

 

不動産屋さんですので、プライベートキャンプ場探している話もしたら、一緒に探しましょう!と、不動産屋さんとアメリカのCIAだけが見ることのできる不動産情報サイトにアクセスして(CIAだったか、何だったかは忘れましたが)二人で「うおお!!ここ広い!!」「うおお!これ安くないっすか!!」といくつか候補地を見つけ、見つけた端からその場でまるのいえさん、管理会社や大家さんに即連絡。

 

とにかく、まるのいえさん、フットワーク軽いんですわ。

 

即連絡、即見学日決定、即情報集め。

現地見に行っても、私なんか不動産詳しくないから何を聞いていいか分からないじゃないですか。

まるのいえさん、トイレの仕組みから水道、電気、建物の構造etc・・・その場でこちらが知るべき情報を全て聞き出して、私の希望と合うかどうかを照合してくれるんで、

私、不動産の知識無いけど大助かり\(^o^)/

しかも、相手の持ち主さんが別件で困っている近所との揉め事まで解決するというスーパーマンぶりまで発揮(;´∀`)

私、家とか土地とか買ったことはないんですが、昔働いてた会社で施設管理とか店舗開発みたいなことやってたんで不動産屋とは色々と接点はあったのと、

5年間に5回引っ越した経験もあるんで(笑)※夜逃げとかじゃなく

不動産屋さんとのやり取り、けっこうしてきたんですよね。

正直、ここまでやってくれる不動産屋さんは今までの人生で皆無でした!

 

そんなわけで、実際に見つけたプライベートキャンプ場候補地ですが・・・

 

1件目はトレーラーハウス付きでテントも建てられる、そのままプライベートキャンプ場として使える良物件!

速攻でまるのいえさんが現地の不動産屋さんに連絡してくれたんですが、タッチの差で他の人に権利を取られていてアウト。

だけど、札幌から2時間半の立地だったんで、ちょっと場所的には遠いかな・・・という物件だったので、諦めもつきました。

 

2軒めは写真で見た感じは、広大な敷地と手作りながらトイレやちょっとした小屋と薪ストーブが付いた物件

おまけに隣に沢まであるという、ワクワクする土地だったので、

こちらも、まるのいえさんが速攻で管理会社に連絡を取ってくれて、早々と現地見学に!

プライベートキャンプ場候補地

しかし、写真で見た感じよりも予想以上に傾斜地(;´∀`)

行者ニンニクが普通に生えていて、自然を満喫したい人にはうってつけの場所なんですが、いかんせん・・・テントを建てられる平地がない・・・

行者にんにく好きなまるのいえさんは「僕、買おうかな・・・」と悩んでましたが(笑)

 

うーん・・・なんか、意外に時間かかるかなー・・・と思ってたんですが、まるのいえさんとPC見ながらにらめっこしてたら

 

「え?この物件、無茶苦茶広くて安くないですか!?」

 

普通に住宅付きの土地で、いやいや家はいらんのよ!キャンプ場できる土地探してるのよ!と思いスルーしてたんですが、よくよく見ると土地面積

 

約1000平米(;´∀`)

 

どう考えても家以外の土地面積がデカすぎる・・・

しかも、今まで見てきた安い物件についてくる家なんて、ボロボロの倒壊寸前、または既に倒壊が始まっている家ばかりだったんですが

 

「この家、まだ新しくないですか?」

 

写真で見る限り、普通にまだまだ家族で住める感じ・・・

 

まさか、ここが私のプライベートキャンプ場になるとは思ってもみなかったんですが・・・

 

続きはまた次回ということで・・・したっけ!!

 

↓続きはコチラ!

俺氏プライベートキャンプ場を作る「第3話 ややヤバい不動産屋~異次元不動産屋」前のページ

俺氏プライベートキャンプ場を作る「第5話 俺氏オーナーになる」次のページキャンプ王のプライベートキャンプ場

最近の記事

  1. キャンプ王デイキャンでご満悦
  2. キャンプサイトの除草
  3. キャンプ王プライベートキャンプ場でデイキャンする
  4. refinedの焼きカレーはいくらでも入る

瞬間風速MAX記事

  1. キャンプ王デイキャンでご満悦
  2. キャンプ王プライベートキャンプ場でデイキャンする
  3. refinedの焼きカレーはいくらでも入る
  4. 車用防災セットと備蓄保存食
  5. キャンプは自粛すべきか?
  1. プライベートキャンプ場を作る!

    俺氏プライベートキャンプ場を作る「第1話 その男、無謀につき」
  2. ソレルのカリブーはあるきにくい

    キャンプウェア

    暖房なしで氷点下の冬キャンプを乗り切る服装その4~靴・ブーツ編
  3. 京極キャンプ場でローベンスチェロキー初張りと薪ストーブIN

    北海道キャンプ場

    涙!涙!1年ぶりのソロキャンプ!京極スリーユーキャンプ場に行ってみた!2019年…
  4. 震災で商品がなくなりました

    気の向くまま思うまま

    今回の地震で被災して思うこと【デマ・不謹慎厨クソ食らえ!】
  5. 栗山さくらキャンプ場最高

    北海道キャンプ場

    栗山さくらキャンプ場(北海道夕張郡栗山町)に行ってみた!
PAGE TOP