定山渓自然の村キャンプ場

北海道キャンプ場

定山渓自然の村キャンプ場(北海道札幌市定山渓)に行ってみた!

えー、全国2万5千人のキャンプ王ファンの皆様、
ご機嫌いかがでしょうか?
おかげさまで、このキャンプ王も見に来てくれる方が増え続け、
気がつけば、推定25,000人くらいのファンがいるだろうという
勝手な思い込みができるくらいのブログになりました^^;

実際は、25人位だと思いますが・・・(笑)

 

そんな空想話はさておきまして!
今日は、定山渓自然の村にあるキャンプ場をご紹介したいと思います!

ただし!
私、定山渓自然の村は秋冬にしか行ったことがないので^^;
初冬バージョンでご案内申し上げます(*´∀`)




<2015年11月下旬 定山渓自然の村>

定山渓自然の村キャンプ場の駐車場

定山渓自然の村は豊平峡温泉を超えて、山の上にあるんですが、
入り口は少し麓にあって、まずはそこで受付をします。
で、最初に注意があります!
冬場は、麓で受付して、上のキャンプ場まで車で行って、
キャンプ場の駐車場に停めることができるんですが、
夏場の時期は、上のキャンプ場の駐車場を使うことができず、
下の駐車場から、エッチラオッチラと徒歩でキャンプ場まで行くみたいです。
え!?荷物も持っていくの!?と思われるかもしれませんが・・・

 

定山渓自然の村キャンプ場までリヤカーで行く

リヤカーを無料で貸してくれます。
大量にあるんで、そうそう借りにくいということはないと思うんですが、
入り口からキャンプ場まで・・・
けっこう距離があります・・・^^;
歩いて・・・10分、15分くらいでしょうか・・・

ただ、そこまで苦労してでも、行く価値があるキャンプ場なんで、
とにかく1年を通して混雑しているキャンプ場です!

 

定山渓自然の村キャンプ場の地図
※一般駐車場から管理センター目での道のりはこんな感じです。

 

 

で、管理センターで受付して、キャンプ場へレッツラゴー!となるわけです!

定山渓自然の村キャンプ場

定山渓自然の村キャンプ場

定山渓自然の村キャンプ場

もうね、当たり前ですが、山に囲まれた大自然の中、
キャンプを満喫できるんですが、
白老のキャンプ場のような、大自然の静けさとは異なり、
定山渓自然の村は、大自然の中でありながら、
子供も大人も楽しめるイベントがあったり
施設がかなり充実していたりと、
キャンプ初心者や子供連れでも楽しめる施設になっています!

 

定山渓自然の村キャンプ場

定山渓自然の村

こちらの施設の中には、調理場やレクレーション室とかがあって、
もちろん暖房完備で、お湯まで出ます(笑)
この中で、子供たちに料理やものづくりの体験をやったり、
ピザ釜がある施設もあって、そこでピザをみんなで焼いたりもしています!

 

定山渓自然の村キャンプ場の炊事場

施設内のトイレは24時間解放されているので、
冬キャンプでもトイレは暖かいし、
お手洗い場もお湯が出るという
至れり尽くせりな内容!(*´∀`)

定山渓自然の村キャンプ場はウォッシュレット完備

で!痔主にはたまらない!
ウォッシュレット付きトイレ!(笑)
携帯用ウォッシュレットを持っていく必要がありません!


TOTO 【いつでもどこでも】携帯ウォシュレット YEW350

 

定山渓自然の村キャンプ場

で、キャンプサイトも人気なわけですが、
それ以上にコテージも人気で、行くと、いつも満員なんですよね。

定山渓自然の村キャンプ場コテージ

定山渓自然の村キャンプ場テントハウス

モンゴル風のテントハウスも人気があるみたいですが、
利用したことがないので、写真だけ紹介します^^;

 

定山渓自然の村キャンプ場アスレチック

定山渓自然の村キャンプ場スタンプラリー

他にも子供たちが楽しめるアスレチックや、
スタンプラリーも常備されていて、
大自然の中のちょっとした手作り遊園地みたいです(*´∀`)

 

唯一注意することは、
山の中なので、熊などの野生動物がいる可能性があるということ。
(もちろん遭ったことはありませんが(笑))

定山渓自然の村キャンプ場の熊よけ

定山渓自然の村キャンプ場ゴミ箱

このため、野生動物よけの電流ロープや、
夜間は、匂いにつられて野生動物が寄ってこないように、
一時保管箱に、ゴミなどを入れておくようにします。

 

そして!冬の楽しみといえば焚き火!

定山渓自然の村キャンプ場での焚き火

直火はもちろんダメですが、
焚き火で暖を取ることもできます!

 

流石にこの時期は、テントサイト利用者は、
ストーブ持ち込みの上級キャンパーが多いですが、
コテージやテントハウスが充実しているので、
氷点下の冬でも、けっこうな人集り!!
予約は必須です!なんたって、料金もワンサイト500円と激安ですから^^;

 

そんなわけで、
子供連れ、初心者キャンパー、上級者も幅広く楽しめる、
オールマイティーなキャンプ場ですよ!(*´∀`)

定山渓自然の村での冬キャンプの模様はこちらの過去記事を見てください!

 

<定山渓自然の村キャンプ場のまとめ>

ホームページ:http://www.sj-naturevillage.jp/

・まさに自然と人の知恵が融合したアミューズメントキャンプ場!
・とにかく混んでいるので予約は必須!
・炊事場、トイレなどウォッシュレットもあって充実!
・イベントも多数やっているので、ホームページでチェック!
・コテージとテントハウスも大人気!
・夜も係の人が騒音など注意してくれるので、静かに過ごせます。
・リヤカーで運ぶのがちょっと大変だけど、それでも行きたい!
・ちょっと寒い時期のキャンプにチャレンジしたい人にもオススメ!

住所:北海道札幌市南区定山渓(豊平峡ダム下流国有林野)
TEL:011-598-3100 / FAX:011-598-3104
地図:https://goo.gl/maps/J1KX8Rm7oWF2

料金:テントサイトは1サイト宿泊500円ですが、時期によって料金が異なるので、ホームページをチェック!
チェックイン:13時 チェックアウト:12:00(11:30までにチェックアウト受付)
利用期間:年中無休・・・?詳しくは電話で確認してください!

※正確な情報はホームページまたは電話にて確認して下さい。

最近の記事

  1. コットは使い込むと伸びる
  2. Spraywayゴアテックスジャケット
  3. WALTHER(ワルサー)札幌ススキノでたまにキャンプ仲間が集まるオシャレなバー
  4. キャンプ王のEDC

瞬間風速MAX記事

  1. コットは使い込むと伸びる
  2. WALTHER(ワルサー)札幌ススキノでたまにキャンプ仲間が集まるオシャレなバー
  3. キャンプ王のEDC
  4. キャンプ王hinataの取材を受ける
  5. キャンプに消火器
  1. ゆるキャン読んだこと無いキャンプ王

    キャンプ道具

    ゆるキャン△をダシに頂上対決!アルミロールテーブル対SOTOフィールドホッパー
  2. キャンパーの我が家の災害備蓄品

    便利グッズ

    キャンプ王が選ぶ!北海道地震で役立った非常用災害備蓄品の全て!
  3. ときわキャンプ場でウニ丼

    北海道キャンプ場

    ときわキャンプ場(北海道安平町)の紹介とキャンプでウニ丼食べてみた!
  4. キャンプ道具

    2017年版!我が家の親子3人お座敷ファミリーキャンプ道具一式Part2
  5. ハイランダーガス缶ケース

    キャンプ道具

    キャンプ忘れ物チェック!キャンプで忘れがちな小物をまとめてみた!
PAGE TOP