DAIWAライトトランクαの6面真空パネルモデルは最強クーラーボックス

6面真空パネルクーラーボックス!DAIWAライトトランクαは最強なのか検証してみた

全国11,000人のキャンプ王ファンの皆様、ご機嫌いかがでしょうか。

熊が出ても負けずにプライベートキャンプ場に行くキャンプ王

熊が出ても負けずにプライベートキャンプ場に行く僕です
(・(ェ)・)

あ、熊じゃなかった

未確認生物KUMAでした!(笑)

 

まあ、プライベートキャンプ場にKUMAが出た話はさておき(笑)

 

以前、記事で紹介した夏でも氷を溶かさない方法の令和最強版。

 

ここで登場したDAIWAのクーラーボックス、ライトトランクα6面真空パネルモデルなんですが、今年買ったキャンプ道具の中で

DODロクロクベース2
コールマンツーリングドームLX+

に次いで、秀逸な散財買い物をしたと自画自賛する性能だったんで、詳しく解説したいと思います!

 

DAIWAライトトランクαの6面真空パネルモデルは最強クーラーボックス

こいつが、DAIWAのライトトランクαの6面真空モデルです。

 


【amazon】DAIWAライトトランクα
【楽天】ダイワ(Daiwa) ライトトランクα ZSS2400 24L Sゴールド 03302112

 

DAIWAのライトトランクαの特徴ですが簡単にご説明しますと

  • 軽い!!頑張れば小指で持てる(もちらん中は空の状態で)
  • 容量24リットルで500mlペットボトルなら22本入る
  • DAIWAの保冷単位であるKEEPが98。つまり氷を満杯に入れると98時間キープできる保冷力
  • 蓋はどちらからでも開くダブル開閉機構
  • スチロール・発泡ウレタン・1面真空・6面真空の4種類から選べる

 

もともとDAIWAは釣具メーカーなのでキャンプ道具という扱いではなかったのですが、近年のキャンプブームで道具への飽くなき追求が留まるところを知らず、ついにキャンパー達は気付いたのです!

 

釣り用のクーラーボックスって最強じゃね?

 

釣ったお魚さんが腐らないように保冷力を追求して、行き着いた先は「真空」。つまり、サーモスとかスタンレーが得意とする「壁に真空を挟めば保冷力が一気に増す」という性質をいち早くクーラーボックスに取り入れたのがDAIWAとかSHIMANOといった釣具メーカーです。

で、私は保冷力最強と言われている6面真空モデル。全ての面の壁の中に真空が挟まっており、その周りを発泡ウレタンが覆っているモデルを購入。

 

どうせやるなら徹底的。これ我が家の家訓です(笑)

 

さて、そんなわけで、以前の記事では2泊で氷を凍らせない方法として登場しましたが、今回はクーラーボックス同士の比較ではなく、DAIWAライトトランクα単独で紹介しながら保冷力を検証していきます。

 

まず容量ですが、24リットルで500mlペットボトル22本とありますが、実際は保冷剤入れたりしますので

 

スタンレーグロウラーに氷を入れてDAIWAのクーラーボックスに入れる

ロゴスの倍速凍結Mサイズ2つに、氷を入れたスタンレーグロウラー。あとは500mlペットボトル11本に500缶2本といった感じです。


【amazon】ロゴス(LOGOS) 保冷剤 倍速凍結・氷点下パックM 長時間保冷
【楽天】ロゴス(LOGOS) 倍速凍結・氷点下パック M【お得な3点セット】 M R168N003

 

【amazon】Stanley Classic 注ぎやすいグラウラー 64オンス
【楽天】Stanley スタンレー スタンレー Classic グロウラー 1.9リットル/64oz マットブラック Stanleyキャンプ用品

DAIWAライトトランクαにどれくらい入るか

もうちょっとスマート(?)にすると、ロゴス倍速凍結M3つに象印の約450ml魔法瓶2つ(氷用と芋焼酎用)。500mlペットボトル3本に食材を入れてソロキャンプ仕様にもできます。

 

さて、保冷力ですが、以前に書いた2泊で氷を溶かさない方法で検証した通り、スタンレーのグロウラーに氷を一杯に入れて、ロゴス倍族凍結3つ。これをDAIWAライトトランクαに入れると

 

2泊どころか3泊いけそうです!

 

初日の出発時の氷

スタンレーグロウラーで氷を溶かさない

 

気温23度で8時間経過

3泊キャンプで氷を溶かさない方法

ほとんど溶けていません。

 

そして30時間後

スタンレーグロウラー最強保冷

これ、溶けて減ったんじゃなく芋焼酎ロックを飲みすぎて減ったんです(笑)

これだけだと分かりにくいので、中で溶けた水の量を見てみると

 

住んたんれーグロウラーは最強の氷保冷

小皿半分程度。

このペースだと3泊目も氷が残っている計算になります(飲みすぎなければ)

 

そして、実際のクーラーボックス内の保冷状況を倍速凍結の溶け具合で見てみると

まず、倍速凍結を入れてから7時間経過

 

DAIWAのクーラーボックスライトトランクαの保冷力

まだまだガチガチです。

 

で、これが翌日、24時間経過すると

DAIWAクーラーボックスライトトランクαの保冷時間

分かりにくいのですが、まだ右側が凍っていて残り3割程度といったところ。

 

で、30時間後。

ロゴスの倍速凍結とDAIWAのクーラーボックス

ほとんど溶けてますが、まだ内部が固まっていて完全にはドロドロになっていない状況。

この時点でもクーラーボックス内はそれなりに冷えていて、まだ保冷力が保ちそうな感じでした。

 

以前はイグルーの58リットルマックスコールド使ってたんですが、30時間後は保冷力ゼロでグロウラーの氷もけっこう溶けていたんですが、

さすがDAIWAの6面真空!保冷力の持続に粘りがあります!

 

ただ、一つだけ言いたいのは

 

24リットル小せえ・・・32リットルにすればよかった・・・(;´Д`)

 

24リットルでもそれなりに入るんですが、あともう少しが入らないんですよ!!これがもどかしい!!

そう思いつつ、クーラーボックス2個持参体制にしたんですが、これはこれでアリでした(笑)クーラーボックス一つだと食材も飲み物も時間の経過とともにグチャグチャになって、ひっくり返って溢れてたってこともあったんですが、分けることでそういうことも少なくなり快適になったかなと。

そんなわけで、DAIWAのクーラーボックス、ライトトランクα6面真空モデル

DAIWAライトトランクαレビュー

買ってよかった!嫁にもバレてない!(笑)

ほんじゃ、したっけ!!

DODロクロクベース2購入メルカリでロクロクベース2買ったら違う商品が届いてトラブルになったから対処した前のページ

プライベートキャンプ場に熊が出没して心折れてました…そして伝説へ…次のページ

最近の記事

  1. DAIWAライトトランクαの6面真空パネルモデルは最強クーラーボックス
  2. DODロクロクベース2購入
  3. DAIWAのクーラーボックスにスタンレーのグロウラー

瞬間風速MAX記事

  1. Ubereatsのソフトクーラーボックスはキャンプで使えるか?
  2. 娘と一緒にキャンプ
  3. キャンプ王ブログ8周年記念
  4. 酒飲みキャンパー必見!二日酔いと肝臓の数値に効くサプリと薬を人体実験してみた
  1. 白老ポロトの森キャンプ場

    キャンプウェア

    暖房なしで氷点下の冬キャンプを乗り切る服装その3~アウター上下編
  2. 珍問屋のドリンク

    美味い店

    札幌ススキノでキャンプ仲間がやや集まる味な店「珍問屋」
  3. モンベルパウダーライトパーカとU.L.サーマラップパンツの組み合わせ

    キャンプ道具

    買って良かった!と心から思うキャンプ道具9つの神器
  4. 氷点下キャンプでエアベッドは寒い

    北海道キャンプ場

    実体験!氷点下の冬キャンプで快適に眠るためのテントと寝袋と服装
  5. 夜の定山渓自然の森

    キャンプ道具

    人は無暖房キャンプで氷点下10℃の中、どれだけ薄着で眠れるんだろうか?(笑)
PAGE TOP