フリースとダウンの重ね着

暖房なしで氷点下の冬キャンプを乗り切る服装その2~中間着・ミッド編

前回の記事
暖房なしで氷点下の冬キャンプを乗り切る服装その1~下着・インナー編

 

全国11,000人のファンの皆様。
前回に引き続き、
今回も氷点下をどういう服装で乗り切るか?
(暖房無しで^^;)
について、考えていきたいと思います。

皆様ご機嫌いかがでしょうか?

 

氷点下の冬キャンプを乗り切るための服装
僕です^^;

コロンビアさん、すいません。
こんな素敵なフリースを、
こんな僕が着てしまい、
イメージダウンさせてしまいました(;´∀`)

しかし、今日は・・・

いつも以上に私がモデルになって、
自撮り画像を出しまくりますので、
mont-bellさん!覚悟して下さい(笑)

※迷惑極まりない・・・^^;

てなわけで、前回の続きです(;´∀`)

 

前回のインナー編でもちらっと紹介しましたが、
インナーの次に何を着るか?
」のお話です。




暖かいインナーを準備できたら、氷点下の中で
更にその暖かさを、閉じ込めてあげる必要があります。
そのために、中間着とアウターを
どう着こなすかが重要になってくるのですが、
私の場合、インナーの上に着る中間着は、
フリース軽量ダウンパーカにしています。

 

まずフリースですが、
冒頭で紹介したコロンビアバックアイスプリングスジャケットです。

 


【Amazon】
Columbia コロンビア バックアイスプリングスジャケット Buckeye Springs Jacket フリース 

【楽天】
COLUMBIA コロンビア PM5434 BUCKEYE SPRINGS JACKET バックアイスプリング ジャケット フリース

以前は、近所のホームセンターで買った
1,980円のフリース着てたんですが^^;
暖かさは雲泥の差です!
というか、その辺の1,980円のフリースは
インナーの暖かさが、生地を通して外に逃げ出してしまい
あまり意味がありません。

正直、コロンビアのフリースは
デザインが気に入って購入したんですが、
機能性も充分で、厚めでしっかりとした生地が、
中の熱を逃がしにくくしているせいか、
非常に暖かい!
特に地肌が触れる首の部分なんかは、
マフラー代わりになるくらいの暖かさ。

ただですね、生地が生地だけに、
風には弱く、外気を通しやすいので、
氷点下キャンプでは、当たり前ですが
アウターか、さらにもう一枚、
風を通しにくい中間着が必要になります。

 

で、もう一枚、私が中間着として使っている、
超軽量ダウンをご紹介します。

 

 

mont-bellスペリオダウンパーカーで氷点下冬キャンプ


モンベル スペリオダウンパーカ Men’s #1101464 アウトドア アウトドア特集[nocu]

今度は、モンベルさん申し訳ありません!^^;
私が着ることで、ブランドイメージを損ねてしまいました!
だけど・・・私・・・
モンベル大好きです(;´∀`)

 

重さがたったの250gしかない
超軽量のmont-bellスペリオダウンパーカです!
春秋のアウターとして普段は着ていますが、
冬の氷点下キャンプの中間着としても
力を発揮してくれます!

特徴は、とにもかくにも、
薄さと軽さ!この一言に尽きると思います!

mont-bellスペリオダウンパーカで冬の氷点下キャンプ

正直、着ていないんじゃないか!?と思えるくらい軽く
触ってみると「安心して下さい、着てますから!」という感じです(笑)

こんなに薄くて軽くて、暖かいの?と思われるかもしれませんが、
正直、先程のコロンビアのフリースより、若干暖かいです。
なんて言うんでしょう・・・
薄いんですが、暖かいバリヤーを身にまとった感じで、
インナーの上、直接でも、まるで羽毛布団の中にいるような感覚です。

素材的にもフリースよりも風には強いんですが、
弱点は湿気に弱いこと^^;
濡れたりすると、羽毛は効果が一気に落ちるので、
例えば、テントを建てるとき、
インナーの上にダウンパーカを着て、
汗なんかかいたりすると、少々、危険です。
冬の氷点下なら汗なんてかかないべや!
と思われるかもしれませんが、
きちんと暖かい服装をしながら体を動かすと、
意外に体が汗ばんできます。
私、異常に汗っかきなんで、
この弱点が致命的なんです・・・(´;ω;`)

 

まあ、そんなわけで、フリースもダウンも一長一短はあるんですが、
氷点下の冬キャンプをテーマにするのであれば、
この上に着るアウターを間違えなければ、
どちらを着ても問題ないです。
私の場合は、汗っかきなので、
基本はインナー+フリース+
寒さが厳しくなってきたら・・・

 

フリースとダウンの重ね着

中間着の重ね着です!
コロンビアとモンベル夢の共演(笑)

この組み合わせだと、氷点下は厳しいですが、
0℃くらいまではイケます!
ただし、雨が振らなければ・・・ですが・・・

モンベルのスペリオダウンパーカは、
付属のスタッフバッグで、
かなり小さく持ち運びできるので、
予備に持ち歩いて、いざとなったら、
追加で着るといった感じでも良いと思います。

氷点下冬キャンプで持っていきたい軽量ダウンパーカ

 

もう一度言いますが、
これはあくまで、氷点下冬キャンプ用の中間着のお話で、
秋冬ファッションではありませんので・・・^^;

秋冬ファッションで思い出しましたが・・・
フリースとダウンの組み合わせは、
どっちを上に着るか。人によって意見が違ったりします。
基本的には、中は暖かさを維持するものを着て、
外側は、風や中の熱が逃げるのを防ぐものを着るというのが一般的なので、
フリースの上にダウンが正解だと思ってたんですが、
たまに、中にダウン、外にフリースという方も見かけます。
確かに、ダウンのほうが包まれるような気持ちいい暖かさなんで、
できるだけ体に近づけてきたいのも分かりますし、
雨を防ぐなら中に着たほうが・・と思うのですが・・・
であれば、外側はレインウェアとかハードシェルでも良いような・・・
まあ、ファッション性ということもあるので、
人それぞれ、お好みなんですよね(^^)

ただ、氷点下冬キャンプは、ファッション性よりも
いかに暖かくするかに命がかかってきますので、
着る順番はお間違えないように・・・

そんなわけで、以上、中間着でした!
次回は、いよいよ氷点下冬キャンプを乗り切る
アウターについて考えていきます!


【Amazon】
Columbia コロンビア バックアイスプリングスジャケット Buckeye Springs Jacket フリース 

【楽天】
COLUMBIA コロンビア PM5434 BUCKEYE SPRINGS JACKET バックアイスプリング ジャケット フリース


モンベル スペリオダウンパーカ Men’s #1101464 アウトドア アウトドア特集[nocu]

ソレルのカリブーはあるきにくい暖房なしで氷点下の冬キャンプを乗り切る服装その4~靴・ブーツ編前のページ

暖房なしで氷点下の冬キャンプを乗り切る服装その3~アウター上下編次のページ白老ポロトの森キャンプ場

最近の記事

  1. 地面フェチのキャンプ王
  2. 疲れ果てたキャンプ王
  3. プライベートキャンプ場完成!!
  4. キャンプ王ブログ7周年記念競争出走

瞬間風速MAX記事

  1. ブログや画像の無断転載は「騒がない」「泳がす」「調べる」で一気に攻め立てろ!
  2. 子供用寝袋はKampa
  3. 2才児との初めてのお泊りキャンプ
  4. キャンプ王キャンプ記事ランキング
  1. ソリでキャンプ道具を運ぶ

    北海道キャンプ場

    2017年初キャンプ!定山渓自然の村キャンプ場で氷点下10℃雪中キャンプ!
  2. 鶏ササミの燻製のソミュール液

    燻製

    誰でも激旨燻製が作れる超かんたん魔法の醤油レシピ!と燻製醤油のレシピも
  3. キャンプ王が億万長者に

    キャンプ道具

    【決着】キャンプ王VSキャンプ道具買取業者ガチ対決!驚きの結果【ステマ無し】
  4. 北海道の氷点下冬キャンプの準備

    冬キャンプの心得

    【完全版】氷点下の冬キャンプ・雪中キャンプでの装備品や心得まとめ
  5. プライベートキャンプ場を作る!

    俺氏プライベートキャンプ場を作る第6話「水道管破裂(笑)」
PAGE TOP