北海道白老のキャンプ場でのクマ出没

キャンプで熊に出会ったら?キャンプでの熊対策と持っていくべき対熊用キャンプ道具

 

 

全国25,000人のキャンプ王ファンの皆様、ご機嫌いかがでしょうか?

以前、キャンプ場に熊が出る危険性があるから万が一に備えて武器を用意しようとをTwitterで書いたら、

自称ネトウヨの方に絡まれたことがあります(笑)

 

キャンプ王VSネトウヨ1

キャンプ王VSネトウヨ

キャンプ王VSネトウヨ3

 

このネトウヨさん、フォロワーではなく、フォロワーさんとの会話に乱入してきて、自治体万歳を繰り返してきたネトウヨさんです(;´∀`)

たぶん、最初に「自治体に迷惑かけるな」とドヤ顔したところ、「自治体でやってるキャンプ場」だということを伝えたら顔が真っ赤になったんだと思いますが、このネトウヨさんが知らないように、

今、北海道各地のキャンプ場周辺では熊が下りてきていて、熊が出ないキャンプ場を見つける方が大変になろうとしています。

 

北海道白老のキャンプ場でのクマ出没

 

 

 

 

キャンプ場だけではなく、札幌を始めとする北海道各地の住宅街まで熊が下りてきていて、私の事務所付近にまで熊が出没している状況でして、

 

キャンプ場行く前に天気と一緒に

 

ヒグマ出没情報を調べる

 

これが北海道キャンパーのキャンプ情報収集項目になろうとしています(T_T)

 

ですので、キャンプに行く時に万が一に備えて、クマ対策グッズや武器を用意してキャンプに持っていくのは、キャンパーとしての嗜みといっても過言ではありません!

 

ちなみに、熊が下りてきているのは人間が熊の住処を脅かして減らしているからだという意見もあり、私も確かにそうかもしれないと思うところもあるのですが、過去に山を切り開いて住宅地を造成し熊の住む場所を脅かしたというのは分かります。

しかし、今、北海道の人口も減る一方で、わざわざ山を切り開いて宅地やキャンプ場などのレジャー施設を造成しているということも少なくなってきていると思います。

現代の熊が人里に降りてきているのは、住処や餌が減っていることや人間を怖がらなくなってきたと同時に、熊が増えすぎているのも原因です。

 

 

この問題こそ、自治体で解決しなくてはならない問題であると私は考えています(選挙演説風^^;)

 

そんなわけで、この問題については自治体と自治体が好きな人におまかせするといたしまして、

私は一キャンパーの役目として、キャンパーがキャンプ上で熊の被害に合わないため、万が一、熊とあったときのための情報を共有したいと思います。

 

ちなみに持論も混ざっていますが、キャンプ場でのクマ対策、私が考えている対策は下のとおりです。

 

クマ出没情報をチェックしてからキャンプへ行く

 

 

必ず、北海道のホームページに公開されているクマ出没情報をチェックしましょう!ただ、事前にキャンプ場予約している場合は、熊の出没は事前に予測できませんが^^;、ただ、さすがに予約じているとはいえ、くまが付近で出たらキャンプを控えたほうがよろしいかと。

 

 

ゴミや使い終わった皿などの食器は密閉された箱に入れてから寝る

 

クマ対策はゴミ対策

定山渓のキャンプ場なんかは、キャンプサイトごとに鉄の密閉ゴミ箱を用意してくれていて、寝る前にゴミを密閉するように徹底していますが、なかなか、ここまで用意してくれているキャンプ場はありません。

ですので、私は必ず密閉できるボックスを持ってキャンプ場に行っています。

 


リス(RISU) トランクカーゴ 座れる 収納ボックス (30L) TC-30

私のお気に入り。リスのトランクカーゴです。ミリタリーっぽい色合いで、左右の持ち手で結構ピッチリと密閉できるようになってます。

30Lと50Lの2種類持ってまして、大きい方は薪などの焚き火グッズ入れて、小さい方はキャンプで使う小物とかを入れて、テントの中に持ち込んでいます。

テントの中では中身を出して、寝る前にゴミや洗い物を入れてから就寝するようにしています。

以前、熊じゃないんですが、狐にテント内を荒らされたので、それ以来、こいつは我が家の必須動物避けキャンプ道具です(*´ω`*)

 

 

燻製やBBQの煙で熊をおびき寄せないようにする

 

熊が人里に下りてくるのは、登山や山菜採りなどで人を頻繁に見かけるようになって人を恐れなくなったという話があり、しかも人間が持っている食べ物の匂いで、人のいるところには食べ物があるということを知っているから人里に降りてくると言われています。

先程のゴミの話じゃないですが、とにかく「匂い」で熊はやってくるんだと思います。

ですので、持論ですが、クマ出没注意のキャンプ場では、よほどキャンプ客が一杯いない限りは燻製をしないようにしています。燻製の香りはヤバいですから、あんないい匂いさせたら熊も落ちてくるに違いないと、勝手に思ってます^^;

そうなると、BBQもできないじゃないか!!っていう話になるんですが、まあ、これは私の持論ですので、気にしすぎてもアレなんですが、人が少ないキャンプ場で熊の出没例があるのであれば、食べ物の在り処を煙と匂いで知らせるのは危険かもしれません。

それか、別な煙も炊いて臭いをごまかすとか?

実は、私のお気に入りの森林香が唐辛子成分入りの獣避け森林香を発売しました!

 


コダマ パワー森林香 獣よけ線香 10巻 携帯防虫器セット トウガラシ成分配合
【楽天】 害獣よけ線香+専用器セット 獣よけ線香20巻(富士錦 パワー森林香) トウガラシ成分配合

これ獣よけですので、虫には効きません^^;

というか、獣にどのくらい効くのかも未知数ですが、まあ、夜中にテントの周りに炊いておくのも手かもしれません。

 

 

それでも万が一キャンプ場に熊が出たら

 

あんまり考えたくはないですが、キャンプ中に熊が出たらどうするか?という話です。

基本は

・目をそらさない
・背中を見せない
・走り出さない

言い方を変えるとこういうことです

 

熊と出会ったときの3か条

サウザー先生は熊との対峙の仕方にも長けてらっしゃったんですね(笑)

 

冗談はさておいて、上の3つは絶対に守りつつ、相手の様子を伺いつつ、食べ物やキャンプ道具はそのままに、少しずつ退却です。相手がキャンプ道具に興味を示してくれたらチャンスで、走らず相手を見ながら退却しましょう。

しかし、残念ながら、相手が威嚇してくることも考えられます。あるいは寝ている時にテントが襲われたら?

 

熊がテントを襲ってきたら

ヤらなきゃヤられます(´・ω・`)

ですので、私は必ず枕元に武器になるキャンプ道具を置いて寝るようにしています。冗談のようですが本当の話です(;´∀`)

ちなみに要しているエモノですが

 

 


【Amazon】スノーピーク(snow peak) 焚火ツールポール N-100
【楽天】(SNOW PEAK)スノーピーク パイルドライバー LT-004

地面に自重で差し込んでランタンや焚き火用のポールとして使えるスノーピークのパイルドライバーですが、地面に刺すために先が尖っていて、伸び縮みするので、遠距離から敵を攻撃するために枕元においてます。

ちなみにランタンスタンドとして使ったことは1回しかありません(笑)

 

そして、数々の熊を撃退した対熊用人類最強の武器として紹介されるのがこれです。

 


高儀 村国 ナタ サヤ入 全鋼 180mm

そうです!鉈です!!

薪割り用で常備している方も多いとは思いますが、実は熊撃退数もおそらくNo.1だと思います。

 

 

 

いよいよ熊に近距離で襲われたときは、大きく鉈をふりかぶって、熊の顔、特に鼻を狙って叩きまくります!

鉈は重量がある割には使い回しがいいので、女性の方でも扱いやすい武器になると思います。

鉈は必ず準備しておいてください!これのおかげで熊から助かった命があることは証明済みです!

 

その他、詳しいクマ対策はこちらのページもご参照ください。

 

 

 

冗談ではなく本気で、今、熊の出没がキャンパーにとって危険域に達しようとしていると思います。

鉈?パイルドライバー?クマ対策?馬鹿じゃないの?と思われる方も多いとは思いますが、万が一の準備をしておいて助かった命というものもたくさんあります!

恥ずかしがらずに、キャンプに行く際は熊対策を十分におこなってください。熊は思っている以上に近くまで忍び寄っていますよ・・・

 

 

究極のローストビーフ【絶品キャンプ飯】赤い旨味汁が出にくい!ダッチオーブンで作る原木ローストビーフのレシピ前のページ

ときわキャンプ場(北海道安平町)の紹介とキャンプでウニ丼食べてみた!次のページときわキャンプ場でウニ丼

最近の記事

  1. キャンプ王ブログ7周年記念競争出走
  2. キャンプ王7周年記念
  3. ブログや画像の無断転載は「騒がない」「泳がす」「調べる」で一気に攻め立てろ!

瞬間風速MAX記事

  1. ブログや画像の無断転載は「騒がない」「泳がす」「調べる」で一気に攻め立てろ!
  2. 子供用寝袋はKampa
  3. 2才児との初めてのお泊りキャンプ
  4. キャンプ王キャンプ記事ランキング
  1. 白老ポロトの森キャンプ場

    キャンプウェア

    暖房なしで氷点下の冬キャンプを乗り切る服装その3~アウター上下編
  2. 気の向くまま思うまま

    このブログの編集部を設立!無謀にも事務所までオープンします(笑)
  3. 2泊キャンプで二日間生き延びた氷

    キャンプ道具

    実証!夏の2泊キャンプでも氷を溶かさないクーラーボックス保冷法!
  4. 氷点下キャンプでエアベッドは寒い

    北海道キャンプ場

    実体験!氷点下の冬キャンプで快適に眠るためのテントと寝袋と服装
  5. モンベルウールニットグローブの使い勝手

    キャンプウェア

    暖房なしで氷点下の冬キャンプを乗り切る服装その5~手袋・靴下編
PAGE TOP