サルでも分かるハンターになる方法

サルでも分かる猟師までの道のり(北海道札幌版)

※2014年7月7日現在 著者、初心者講習前のため、このページは未完成です。
 参考程度に読んで、もし間違いがあったら指摘してください!

 

猟師になるには、どうしたらいいんだろう・・・

実は、私もこれらを調べるのにググりまくりました!

だけど、正直、公式っぽいページは、さすがお役所仕事。

見ていても目が痛くなるような小難しい内容で、非常に分かりにくい。

 

とりあえず、私が行き着いたのは・・・

警視庁「猟銃所持許可手続き」

北海道猟友会札幌支部「ハンターになるには」

北海道猟友会ホームページ

 

しかし、これは単なる要項なんで、これだけでは「よし!受けてみよう!」

って気にはならないと思います。

 

で、色々と調べていくうちに、実際に免許取得までの道のりを紹介した、

経験者の方のページで参考にさせていただいたのが、

えのはどっとねっと → 狩猟

こちらの方が、申し込みから試験、銃の選択の考え方まで分かりやすく書いてくれているので、

けっこう、参考にさせていただきました!

 

しかし!!

せっかくなんで、このブログでも私流に、かんたんに免許取得までの流れを

かんたんに分かりやすく説明したいと思います。

題して

 

「5分で分かる ハンターへの道!」

 

”ハンターに必要な免許”

・猟銃所持許可証(銃持っていいいよ!)
・狩猟免許(森とかに入って狩りやっていいよ!)

 

”ハンターになるための条件”

・前科とかハンターやるに支障のある病気じゃなきゃ大丈夫ですが、詳しくは確認してみてください。

狩猟を目指す人(外部リンク:北海道猟友会札幌支部)

 

”ハンターへの道のり”
猟銃所持の初心者講習(試験)→射撃教習(試験)→狩猟免許予備講習→狩猟免許試験

 

1.まず、最寄りの警察署に行け!交番じゃないぞ!大きい警察署だ!

2.生活安全課に行って「オラ、猟師になりたいだ!」と標準語で説明!

3.「なぜ?」と、もし聞かれたら、適当に理由を考えて答えておけ!
   ※簡単に警察官に動機を聞かれます。
   例:親戚が猟師だったので昔から興味があった。

4.まずは、猟銃を持つための初心者講習会を受けなくてはならないので、申込書をもらえ!
  ※ちなみに初心者講習会は講習だけじゃなく試験もあります。

5.書き方を教えてもらったら、その通りに書いて提出!6,800円かかるぞ!
  ※注意は本籍地や現住所は住民票記載の通りじゃないとダメなので、
   あらかじめ住民票があると便利。
  ※収入証紙に割印押さなきゃならないので印鑑持っていった方がいい。

6.希望の講習会の日を選べ!だいたい毎月やってるみたいだ!

7.申し込み完了するとテキストを貰えるから、講習会まで勉強しまくれ!
  ※銃砲店に行くと無料で問題集などをくれるところがあるから、貰ったほうが更によし!

8.講習会当日は朝から夕方までぶっ通しで、最後に試験だ!
  ※寝たり携帯をいじったりすると落とされるらしい

9.試験に合格したら、次は医者から診断書をもらって健康アピールだ!
 ※アル中とか精神病とかじゃなければ大丈夫っていう、かんたん検査。
 ※小さい病院でやると安く済むらしい。

10.次は実際に鉄砲を打つ教習射撃の申し込みだ!申請書と診断書持って再び警察署へ!

11.教習射撃許可証をゲットしたら、銃砲店とかで教習射撃を予約だ!
   ※教習射撃は4万円位かかるらしいが、場所によって変わるらしい。

12.教習射撃当日は講義を受けて、射撃試験だ!25発中2発当たれば合格だ!撃て!

13.合格したら、いよいよ銃の所持許可申請だ!店でもネットでもいいから銃を選べ!

14.銃を注文したら、猟銃所持許可申請を警察署に提出!

15.と、同時に狩猟免許の講習申し込みを猟友会に行ってやる!

16.狩猟免許の講習会を受け終わったら、役所の林業課に行って試験の願書提出!

17.狩猟免許試験まで勉強しまくれ!!

18.狩猟免許合格と、両銃所持許可が出たら、晴れてハンター誕生や!!

(2016年7月5日現在、筆者は最初の初心者講習会前なもんで、やりながら気づいたことあったら、随時追加してきます)

 

”ハンターになるために必要な資金”

・講習会やら試験やらの申し込みとか、許可申請などに総額10万円ほど。

・銃やガンロッカーなど必要最低限なハンターグッズ10万円~30万円

銃砲店で聞いたところ「総額で40万円はかかるよ~」と言われたんですが、

散弾銃・スコープ・ガンロッカーを全て新品で揃えたら30万円近くかかるからであって、

獲りたい獲物や、中古でも良いのなら、そこまでかからないと思います。

例えば、最初は鴨などの鳥猟で慣らしたいと言うのであれば、

散弾銃(安いものなら新品でも8万円くらい)、ガンロッカー中古なら2万円くらい

散弾ならスコープはいらないので、あとは解体用ナイフなどの小物を揃えれば、

15万円くらい・・・申請なども合わせて25万円くらいで済むような気がします・・・

そうしても最初から鹿などの大物を狙いたいのであれば、ちょっと高くなりますが・・・

 

それぞれの詳しい中身については、

私が体験しながら、随時、このブログでご紹介していきますので、

このページは今のところ、未完成です!

最近の記事

  1. キャンプ王hinataの取材を受ける
  2. 超コンパクトなガスバーナー
  3. キャンプに消火器
  4. 忍者が教えるキャンプの防犯

瞬間風速MAX記事

  1. キャンプ王hinataの取材を受ける
  2. キャンプに消火器
  3. 忍者が教えるキャンプの防犯
  4. キャンプマナーが悪い人はなぜいなくならないのか
  5. ローベンスチェロキーを初張り
  1. ハイランダーガス缶ケース

    キャンプ道具

    キャンプ忘れ物チェック!キャンプで忘れがちな小物をまとめてみた!
  2. 北海道が生んだBBQコンロの最高傑作

    キャンプ道具

    北海道発!コスパ最高のアメリカン風BBQグリルコンロ!バーベクック
  3. ラーメン大好きタカさん

    キャンプ道具

    2015年ランキング!私が実際に買って便利だったキャンプ道具10選
  4. 2017年買ってよかったキャンプ道具13選

    キャンプ道具

    毎年恒例!2017年版!買ってよかったキャンプ道具13選
  5. キャンプ道具

    2016年版!車で行くソロキャンプ!僕のソロキャンプ道具一式Part.2
PAGE TOP